とちぎ秋まつり (2014年11月14日~16日)

少し風はあったもののいいお天気につられて
祭り見物に出かけました 何年振りかです
以前は5年に一度でしたが最近は隔年で行われているそうです
d0131847_22270356.jpg

駐車場はいくつもあったようですがナビに沿って旧庁舎の近く、旧中央小学校へ置いてメーン会場まで歩きます と言っても5~6分の所

最初に出会ったのは巴波川にかかる幸来橋の側できり絵を作成しているところを実演しながらレプリカを売っていました
d0131847_22263277.jpg











作家さんは新聞に出たことがあると言うご本人でした
d0131847_22263492.jpg







ご本人に説明していただきながら

              ↓2枚買いました
d0131847_22263967.jpg  d0131847_22264166.jpg旧庁舎と
     巴波川










d0131847_22271941.jpg
今日の画像です  角度は違いますが良くできたきり絵です

山車が出そろうのは13時15分 出発式は13時30分でゆっくりです
丁度 イベント広場では和太鼓の演奏が始まっていました 
               武蔵太鼓
d0131847_22281047.jpg

d0131847_22274803.jpg躍動感あふれ、お腹に響く音を心地よく聞きいりました 
下は小学1年生位の男の子・向かって右端の子も頑張って打っていました

女の子もりりしかったです
d0131847_22280487.jpg
一時間余も立ちっぱなしで聞き入っていたでしょうか 疲れました
・・・・そして、今日は腰がいやに痛い・・・・・そうそう昨日の大掃除がひびいてます

お昼時 屋台はどこも混雑しているしちょっと苦手です
メーン通り沿いのお蕎麦屋さんに入りました 
腰を下ろしてゆっくりしているとそろそろ山車も練り歩き出しました
d0131847_23441460.jpg
 3基は明日限りのお出ましとか
d0131847_23440187.jpgd0131847_23440450.jpg




























d0131847_23434857.jpgd0131847_23434300.jpg










































d0131847_22355832.jpg
帰り道 
巴波川沿いのある喫茶店の前
今朝取ってきたばかりだよ~って呼び込んでます
籠いっぱいの柿 売ってます         
飛びついたのは言うまでもなく\(^o^)/




[PR]

by misaodosu | 2014-11-15 23:13 | お祭り | Comments(2)

いよいよ本腰で踊りを楽しみます (二日の夜)

                        (回顧録)
越中おわら風の盆                
おわら風の盆は旧町と呼ばれる「東新町、西新町、諏訪町、上新町、鏡町、東町、西町、今町、下新町、天満町」と「福島」を合わせた合計11の町で行われます。           
d0131847_14301699.jpg
赤まる印のところは 👣   二日がかりでほとんど回ったことになります
右下のJR八尾駅~福島から左上の諏訪町目指して、踊りを見ながら歩いていきます 登り坂です
d0131847_14401276.jpg             


天満町 下新町



東町  福島 



諏訪町 今町



上新町 西町


                          


各町の提灯を撮ったつもりが3町分がありません(順不同)  
d0131847_16015361.jpg街中の外套も良いですね














踊りは 町流し、輪踊り、舞台踊りとあります

町流しは、地方(じかた)の演奏とともに各町の踊り手たちがおわらを踊りながら町内を練り歩くもの
  この町流しが、古来からのおわらの姿を伝えるもの
輪踊りは、地方を中心にして踊り手たちが輪を作って踊るもの

舞台踊りは、演舞場での競演会や各町に設置される特設ステージで見られる踊りの事です

さて
肝心の踊りの画像・・・・・・・・・・・良いのがありません(悲)
薄暗い中 フラッシュは禁止 と言う訳ですから。。。
まともな画像がありません


誰かのフラッシュで踊り手さんも
                 両サイドの人・人の様子も見えます  (諏訪町) ↓ 

d0131847_16421518.jpg
地方(演奏家)の後ろ姿・・(諏訪町)  ↓
d0131847_15393045.jpg
老若男女の踊り手さん (諏訪町)   ↓

d0131847_15401753.jpg
                目の前で男踊りを  (諏訪町)
d0131847_15400479.jpg

寺社の舞台で・・舞台踊り  (聞名寺?)  ↓
d0131847_15422180.jpg

 舞台踊り(八幡社)  (下新町)     ↓
d0131847_17115696.jpg
d0131847_17115631.jpg

                           ・・・・・・・・オソマツでした


[PR]

by misaodosu | 2014-09-02 23:16 | お祭り | Comments(0)

富山・おわら風の盆 二日目

朝のうちは富山の街歩き予定です
富山市東岩瀬町の大町通りにある 森家(国指定重要文化財) 日本海で活躍した北前船廻船問屋を見学しました
宮大工の手によるものとかで材は贅を尽くし今も一寸の反りも狂いもないという建物でした
えてして古い家屋を見物するときのあのギシギシ ミシミシという音はさすがにしませんでした
窓ガラスもビードロとか 泡があったりして趣がありましたし
土間にしかれた一枚板の石は小豆島産から筏で運ばれてきたとか・・
説明をしてくれたご年配の女の方はウィットに富みユーモア交えての案内で面白く学ばせていただきました
d0131847_22142297.jpg
d0131847_00144387.jpg
d0131847_22145439.jpg
d0131847_22150762.jpg
自然の木目が見方によっては龍に見えるとか・・
d0131847_22151091.jpg
土間の一枚板の石 広ーいです
d0131847_22151588.jpg
間口で税をかけられた時代で間口はそう広くはないけれど奥行が広いお屋敷でした

古い街並みを歩いた後は八尾に向かいます
昨日下見をしておいた駐車場に車を置いてシャトルバスでお祭りの会場へ行き散策をする予定です
12時少し前でした
駐車場代金1000円也 お祭り援助金が含まれているとのことです
「シャトルバスは何時に出ますか?」  
「人数が集まれば出ますよ」
何時とは決まっていないのねと車を置いて、人がいそうなところに行きます 人 まばらです
運行時間は?
3時から  ん!?
ガァ~~~ン なぬ?  3時? 3時間もある
そんなに待っていられないわ やっぱり車で近くまで行きましょう と
数分でその場を後にしました     イタタ・・・1000円  ま、いいっか 祭りの参助金だと思いましょ

街なかの おわら資料館へ向かいます
街なかには案の定 駐車場がありません(悲)
資料館の横の銀行におかせてもらいます  女の銀行員さんがいました
資料館へ行く少しの間、車を置かせてくださいとお願いしましたら
「いいですよ」と思いがけないほどやさしい言葉でした
案外どこの町へ行っても余りいい顔されないのが今までの常ですから・・・
うれしかったですね
「お昼したいのですがどこか美味しい所はありますか」・・・・ちょっと図に乗ったかなと思いながらも聞きました
「そこを少し行ったところにおいしいと人気のお蕎麦屋さんがありますよ」
またまたうれしいお言葉でした
資料館を出て、お蕎麦屋さんへ行こうか?行こまいか?
今度は男の行員さんがいました   かくかくしかじかと話してみます
そして「もう少しおかせてくださいますか?」 
「いいですよ
うれしかったですね~ 
よかったー 
少し遅いお昼はおいしいお蕎麦をいただきました  次は車を出して曳山展示館(観光会館)へ向かいます
昨日も行ってみたけれど車が置けなくてスルーしたところです 
d0131847_23275425.jpg
d0131847_23275853.jpg
              初期の踊りには編み笠ではなくて手ぬぐいだったとかです
d0131847_23275158.jpg
今日も観光会館はにぎわってます 又 駐車は出来そうにありませんでしたが聞いてみると
警備の人が「10分くらいならいいよ」って誘導して入れてくれました 聞いてみるものですネ
     ラッキーでした            ・・・あそこで1000円払った分 もう元とりましたネ・・・

自動車乗り入れの許される3時まで方々を下見して、宿に戻ります 
今夜はバスで出直しです 
                何故にって? 車ではアルコールが入れられません
さぁ~お祭り見物の本番です 
前段が長すぎました(笑) 

今夕はいちばんにぎやかな諏訪町の踊りの練り歩きを見物予定です 
所要時間は40分ほどかかり料金も少し高いですが満員電車と違って楽々の5時のバスで出かけました
JR八尾駅より少し離れた八尾の地鉄バス発着場につきます
そこから諏訪町までは距離的には3キロ弱 徒歩約一時間の登り坂の多い細い道を
他の町の踊りを見ながら歩く覚悟です     
                                         
                         続きはまた後ほど (^ε^)♪  
                                             
                                       続けます

[PR]

by misaodosu | 2014-09-02 21:07 | お祭り | Comments(0)

栃木 秋祭り

d0131847_9342118.jpg


d0131847_9465829.jpg


d0131847_2334176.jpg
d0131847_23344525.jpg
d0131847_2337065.jpg
d0131847_23374064.jpg

d0131847_15102969.jpg




栃木市の秋祭り

先日の鹿沼市の彫刻山車も見事な山車でしたが
ここの山車は 江戸型人形山車でこれまた見事なものでした

桃太郎 静御前 仁徳天皇 天照大神 弁慶 等などの人形が山車の上に鎮座まします

鹿沼市の祭りは去る10月10日 今年も出かけましたが
去年の画像
                       今年の画像は割愛です
[PR]

by misaodosu | 2010-11-14 23:52 | お祭り | Comments(2)

鹿沼秋祭り

d0131847_22401844.jpg


d0131847_22541418.jpg

















d0131847_22543439.jpg

今日はお祭りを見に出かけました

(昔 偶然にこのお祭りに出くわししてチラッと見たことがあったけれど)

こんなに屋台が一杯です
平成の十五年に重要無形民族文化財に指定されたといいます


文政の改革(1827)天保の改革(1841)にて華美な風俗が禁止されると各町内は競って屋台を前面彫刻で飾るようになったといいます
明治の15年(1882)手直しが加えられ現在の形が出来上がってきたと言いますから年代物です
彫刻にも威厳を感じます
d0131847_234396.jpg

正午よりパレードが始まりました
d0131847_2246469.jpg

いまや国際的です
d0131847_233075.jpg

d0131847_22471928.jpg

d0131847_22474257.jpg

d0131847_2248574.jpg

d0131847_22483570.jpg

2時すぎにはお祭りロードに20数台の屋台が出揃いました 圧巻です
3時から練り歩き
夜には 「ぶっつけ」と言って 
=2台以上の屋台が道路上で向かい合いお囃子の競演をする お囃子連の腕の見せところ=
これが名イベントなのだそうですが
屋台の見事さに圧倒され堪能し、大勢の人ごみで疲れてしまい
パレード開始の3時を前にして帰ってきてしまいました

うちから鹿沼まで車で40分くらいのところ 
案外近くなのにしっかり見たのは初めてです
こんなに盛大なお祭りが見られて、楽しいひと時でした
[PR]

by misaodosu | 2009-10-11 23:51 | お祭り | Comments(0)

大平山のあじさいまつり

梅雨の中休み
30度以上の暑さに閉口です
ところが明日はまた雨が降るとの予報なので
今年も大平山のあじさいまつりに出かけました

いつもならあじさい坂を登りきり 大平山神社の方まで歩を進めるところ
この暑さで
入り口を入って写真撮り
早々に帰ってきました

この時期駐車料300円
一時間も置かないで300円
回転は速いし・・・・・・・祭りの間にひと儲けかな
なんて下世話なことを。。。。。。。ウフフ・・
d0131847_2235983.jpg

あじさいの花はHPの方でアニメーションしていますので割愛します

d0131847_22353492.jpg

d0131847_2237378.jpg

ソフトクリームを食べた茶店で珍しいものを買ってきました
d0131847_22381033.jpg

これがトマト?? 甘酸っぱい変わった味でした
[PR]

by misaodosu | 2009-06-23 22:51 | お祭り | Comments(4)