2018年 03月 05日 ( 1 )

虫より一足早く

啓蟄(けいちつ)

3月6日頃(2018年は3月6日)。
および春分までの期間。

啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃。

d0131847_21460746.jpg

ほんの少しだけ

虫より早く炬燵から這いだして \(*´∇`*)/

春一番の強風で吹き溜まってしまった落ち葉を掃きます


それにしても今日は暖かい

午後には雨も落ちて来て・・・

これでは植物も大喜びでしょう  

  クロッカスの芽が出ています

  フリージャの花芽が出ています

  遅咲(?)のクリスマスローズの花芽が一つ出てます

d0131847_18003008.png

来週のドライブ旅の準備にかかろうと思いつつ・・・

ハテサテ着る物 温か加減は?寒さ加減は?

何が良いか思案中


何はさておき 二人して

忘れちゃいけないよ!」って

服用の薬の準備だけは怠りなく (*´σー`)


一年ぶりの4姉妹の再会を心待ちして・・・

              指折り数えております

d0131847_17310262.jpg



[PR]
by misaodosu | 2018-03-05 18:02 | 季節 | Comments(0)